債務整理 それぞれのメリット

 

債務整理の中でも、自己破産、民事再生、任意整理はそれぞれのメリット(人付き合いの際にはあまり考えないようにしたいものです)があります。

自己破産であれば返済の必要な借金が全く残らずゼロからの再出発が可能です。民事再生であれば住宅ローンを除く借金の元金を圧縮することができ、家などの資産については残ったままです。任意整理ならば債権者との交渉次第で月に幾らずつ返済するかが決まり、加えて借金の利率や借りていた期間次第では過払い金を取り戻せることがあります。債務整理によってお金の借入を整理することができますが、それにも方法の選択肢があります。元金は減額されなくても延滞損害金や利息の免除で足りるのか、元金を減らせないと駄目なのか、金額以前に返済をつづける事がもはやできないのか。一人一人の事情からちょうどいい方法を選ぶ事になるだといえます。一人で手つづきをしてもかまいませんが、気がかりな事が多い場合は専門知識を持つ弁護士や司法書士がよい相談相手になるでしょう。

お金なんて返済しないでおいたらと友達に言われたけれど、それはよくないと思って債務整理する事を決めました。

債務整理すれば借金は少なくなりますし、どうにか返していけると思いついたからです。お蔭で毎日の暮らしが楽しくなりました。
任意整理の主目的は債務を減らすことです。つまり、和解後も借金が残るので、返済していく必要があります。
弁護士を頼んでせっかく債務を整理したはずなのに、期待したより債務が減らなかったといった結果になり、がっかりしたという声もない理由ではありません。

ですから、任意整理を選ぶかどうかは今一度考える時間を持つべきです。
無料で債務に関連する相談に対応してくれる法務事務所や弁護士なども最近は多いですし、プロの意見を聴きながら対策をたてるというのも手です。住宅ローンには審査が付き物ですが、これに通りたいなら債務整理をしてからある程度の時間が経っていて、信用情報機関に管理されている事故情報(通称ブラックリスト)から債務を整理をしたという記録が抹消されている事が不可欠です。債務整理にどの方法を用いたかでこの期間はちがい、消去済かどうかの閲覧は自由に可能です。

記録がなくなっているなら、もし債務整理をしたことがあるとしても住宅をローンで購入できます。債務整理をしたら、ブラックリストに記載されて、それが消滅するまでの5年の間、クレジットカードの審査は通らないと言われます。

でも、5年もしないうちにもてる人もいます。その場合には、借金を完済したという場合が多いのです。

信用されたなら、カードを作成する事が出来ます。

普通、債務整理をおこなう場合には専門家に依頼しますが、かかる費用は依頼する弁護士や司法書士によって変わります。

任意整理を例に挙げると、借金をしている会社ごとに基本料金があり、これにプラスして最後の精算(減額が成功した金額の数十パーセント)を支払うことになっているのです。

基本料金についてですが、債権者や債務総額に関係なく主に固定料金になっているのですから、減額がほとんどされないような債権者を相手に交渉すると、反対に、損をしてしまうかも知れません。幾重にも債務が重なり、到底支払うことができないという人がするべきなのが債務整理だといえます。

原則として債務者が債権者に利息の減免や支払い計画見直しといった点に関して申し入れをする事を言います。

と言っても、先方はプロですので、初心者の債務者が単独交渉で成果を出すのは一筋縄ではいきません。

専門知識を持つ弁護士などに力添えして貰うというのが普通だといえます。
借金を滞納しています。差し押さえされますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした。これから充実させていきますのでお楽しみに!