借金がパチンコや競馬などのギャン

 

借金がパチンコや競馬などのギャンブルにより生じた場合も返済に困ったら債務整理をすることは不可能ではありません。

とは言え、任意整理や個人再生といった支払総額は減額出来ますが返済義務から逃れることはできない方法に限定されます。

あらゆる債務を清算できる自己破産であってもギャンブルで作った借りたお金に関しては免責不許可事由として取りあつかわれ、裁判所に破産の申立をしたところで免責される見込みは少ないでしょう。銀行や信販会社等が保有している個人信用情報には、用立ててもらったお金の整理をしたという履歴がデータとしてのこされることになります。
情報は一般企業には開示されないため、普通は就職に影響はないのですが、稀に例外もあるでしょう。例えば金融業界など、個人信用情報を閲覧できる会社に勤めようとする場合がそれに該当します。

借りたお金の整理をしたという記録が残っていれば、ときにはその経歴に不審をもたれ、最初から不採用の返事をしてくる可能性もあるでしょう。お金を扱う金融機関なら慎重になるのも当然ですし、結局、運を天に任せるほかないでしょう。任意整理にしろ自己破産にしろ債務整理をしたという実績があれば、信用機関にその情報が記録されます。そうすると新規の借入れは出来なくなるのはもちろん、現在持っているクレジットカード等も使えない状態になっているはずです。

何年かはクレジットカードを制作することもできないでしょう。最後に契約済みの債務のあつかいについてですが、カードローン破産しないかぎり債務を返済する義務は残っていますから、完済するまでは支払いがつづきます。いかなる借りたお金の整理であっても、法務事務所(法律事務所)に依頼するとすぐに手つづきが始まります。作業はどんどん進み、債務者本人がもし手つづきを中止したいと思っても、債権者に介入通知が到着してからでは、止めると言うのは、時期にもよりますが対応できないことの方が多いです。ましてカードローン破産などは裁判所に申立を行ったあとでは中止はまず無理だと考えてください。 こういったことにならないために、借りたお金の整理をする前は考えに考えた上で手つづきを開始しましょう。
債務の返済が滞り、既に債権者から訴訟を起こされてしまった場合でも、お金を借りるの整理は可能ですから、すぐに弁護士なり司法書士なりに相談しましょう。
その際とられるのは主に裁判を起こしてきた債権者に対する交渉、つまり任意整理となり、手つづきを開始すると訴訟を取り下げて貰える場合もあるでしょう。そこから減額を交渉して双方の合意が得られれば、訴訟は取り下げになり、あとは和解の内容に従った返済をおこなうだけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket