当時は家族にお金を借りるのことを隠していましたから、任

 

当時は家族にお金を借りるのことを隠していましたから、任意整理で債務額を減ら沿うとしたのですが、お金を借りるが膨大な金額になっていて弁護士と相談して個人再生を行いました。所有していた車は趣味の範囲ということで処分を求められましたが、自宅を残すことができたのは幸運でした。
お金を借りるの総額を大幅に減額できたうえ、家族に事実を伝えることができましたから、借りたお金の整理をしてすごかったです。月々の返済が苦しくなりお金を借りるの整理で生活のたて直しを図りたいと思ったら、近頃はPCはおろかスマホでも、債務を整理の何たるかや相談窓口といった必要な情報を手軽に得られるようになりました。

とはいえ家庭や会社のパソコンで調べたりすると、閲覧履歴や検索履歴、アクセスログ等から借りたお金の整理をしたいと思っていることが誰かに漏れやすくなります。PCのプライベートブラウジング機能を使うか、スマホを使うほうが良いですね。

返済がどうにもならなくて自己破産を行わなければならなくなったら、預貯金は包み隠さず申告しなければなりません。

合計額が20万円を超えた分は原則として基本的に返済に回すものですが、この点が他の借りたお金の整理との大きなちがいです。

名義を変えたり、口座から引き出せばわかるまいとは断じて考えないようにしましょう。仮にどこかで発覚したとして、免責不許可といった事態になるので、出来心としては随分高い代償を払うはめになります。

結果が出た時の報酬(司法書士報酬)の支払い用として、個人再生や任意整理の依頼時から弁護士等に指定された口座に貯めていた積立金は、成功報酬の精算が済んだアトは本人に返金されます。毎月一定額を積みたてていくのは辛いかも知れませんが、成功報酬の分割払いを前倒しするだけですし、本来は毎月の返済に充てるはずの費用をムダ遣いせずに済むという利点があります。

金額は相談で決められますが、可能な限り積みたてておくほうが、アトでラクです。人には話したくないこともあるでしょうが、弁護士にはすべて正直に話してください。

信用できないということで、弁護士が辞退する可能性があります。

借金の整理で自己破産の手続きを行うということは、このまま返済を続けていても完済できる見込みがないということを法的に立証する訳です。 この前提が崩れては、自己破産はできないことは当然ですし、借金を減額した相手だって説明を求めるはずです。

嘘をつくことはデメリットしかないんですよから、絶対に止めてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket