借りたお金の滞納で金融機関や回収業

 

借りたお金の滞納で金融機関や回収業者から裁判を起こされたアトであろうと、債務を整理が可能でない訳ではありません。

もっとも出来ることといえば訴訟を起こした相手を対象とした任意整理で、相手に受任通知が届くことにより、訴訟を取り下げてくれるといったケースもあります。また減額交渉が成立すれば訴訟は取消しになり、和解時の取り決めに従い債務の返済をしていきます。弁護士や司法書士がお金を借りるの整理の請け負ってくれたらいいなと考えているけれど、料金を支払う事が厳しそうなのでしたら法テラスに相談を持ちかけるというのも一つの手です。
法律に関する問題を抱えた人の手助けを行う公的機関が法テラスです。借金についての相談は無料で行っていますし、収入の少ない方へは民事法律扶助制度に則って、もし、依頼した場合に、弁護士あるいは司法書士に支払わなければならない代金を立て替え、少しずつ返済可能にしてくれます。

私は借金をしたことで差し押さえされそうなので財務整理をする事に決めました。

債務整理するとおもったより借りたお金が減りますし、差し押さえを避けることになるからです。近所にある弁護士事務所で相談させて頂きました。 親身になって相談にのってくれました。

債務整理の場合、弁護士と相談する必要がある事項がおびただしい数あります。

弁護士の選択方法としては、話しやすい弁護士を選ぶ必要があるでしょう。相談会などの機会に相談しやすい弁護士を選定するのもよいですし、周りの人の経験などを聞いて参考にしてみるのもいいですね。 弁護士などに債務を整理の手続きを依頼した場合でも、全ての手続きが終了するまで、数ヶ月はかかります。

けれども、借りたお金の整理の期間は延滞損害金や金利が増えるようなことはないでしょう。
なお、個人再生や任意整理の手続きを取った場合は、まだ返済可能だと判断された債務が残っています。

残った債務は金利がかかりませんが、仮に返済日を遅れてしまうようなことになると、この期間の延滞損害金と一緒に一括請求され立という事例もあるので、きちんと返済するようにしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket