個人再生とは返済整理の一種で

 

個人再生とは返済整理の一種で借りた金額を減らしてその後の返済を楽にするといったものです。

これをやる事によっておもったよりの人の暮らしが楽だと感じるようになってしまったらいう実例があります。
かつて私もこの債務整理をしたことによって救われました。

債務を整理の手段のうち、任意整理と民事再生はご存知でしょうか。主な相違は、元金が減るかどうかでしょう。任意整理では債権者と債務者の話し合いで返済額は将来利息をカットしたもので決定し、毎月支払っていく方法(選択を誤ると、取り返しのつかないことになることもあるかもしれません)で、普通は借りたお金の元金はそのままです。その一方、民事再生の場合は裁判所に返済計画を提出することがもとめられ、認めて貰えた場合、減額された元金に対して残りの返済を行っていきます。 ご存知のように、債務を整理後にはこのことが信用情報機関の金融事故欄に載ってしまうでしょう。

一般的に言うブラックの状態なので、しばらくは銀行ローンやクレジットカードの審査をパスすることが出来ないでしょう。どのくらいの期間かというと、債務を整理では、ブラック状態が解消されるまでにだいたい5年はかかってしまうでしょう。任意整理の妥当な費用って何円位なんだろうと思ってググって調べた事があります。

私には多額の借りたお金があって任意整理をしたかったからです。
任意整理に必要な金額には幅があって、相談する場所によってバラバラだという事がわかりました。

到底支払いが出来ないようなお金を借りるを整理するための手段が借りたお金の整理ですが、唯一整理できないのが各種税金です。

破産法はカードローン破産についての規則ですが、そこにも租税請求権は支払いの義務が残る非免責事項の中にふくまれています。

国民の三大義務でもある納税義務ですから、債務整理による解決をしたから免除という訳にはいきません。
しかし、役場でいきさつを伝えて分納を打診する事はできなくはないでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket